憲法改正の限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,259
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    憲法改正の限界

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法改正権の限界

    日本国憲法は96条にて憲法の改正権を定めている。改正とは一般に、新たな憲法を作り出すことを意味する憲法の制定とは対比して、「現存する作られた憲法秩序の中で憲法の条項を改変すること」をいう。そこで、現在ある憲法の枠組みを超えるような憲法への改正が許されるのか、憲法の改正権の限界が問題となる。

    通説は、憲法改正には限界があるとする(限界説)。
    なぜなら、憲法は本来、「人間は生まれながらに自由であり平等である」という自然権の思想を体現した成文法であり、このような前憲法的な性格を持つ、基本的な人権や国民主権などの原理は、憲法改正手続きに沿ったものであったとしても、改正すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。