社会学とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,034
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     社会学は、社会の一部を研究するものである必要はなく全体を研究するものである。すなわち社会学は、社会全体をその分析の単位とする特殊な学問だと考えられる。したがってその目的は、人間の行動を基礎にして社会構造や社会変動を研究し、秩序ないし説明可能な現象を読み取ることであろう。また、経済制度や政治制度などの専門的な独立した学問分野の研究対象になっているものでも、社会学的研究の対象になりうるだろう。どんな制度や社会過程でも「体系」という性格を持っているからである。
     私は様々な社会学的研究対象の中から「宗教」について社会学的に論じて、「社会学とは何か」という問いかけに応じてみることにする。
     元々宗教というものは神秘性・神聖性を秘めている信仰や行事であり、またそれらの連関的「体系」である。一般に古い宗教程そうしたものの蓄積が感じられるだろう。しかし、現代の社会において神秘性・神聖性が保たれているとは必ずしも言えない.現代社会では、宗教が含み持つ「聖」の性質が、社会と文化の諸領域にまたがって侵犯されつつあるように思えるからだ。例えば、神父、牧師、僧侶など「聖職者」として位置づけられてきた人々の職業が一つの社会的役割としてみなされ、さほど特別な使命を持っている人間としては扱われなくなっている。また、宗教が絡まるテロ行為や紛争の多発は、宗教への根本的懐疑を拡大させたかにも見える。
    人々の生活の中には、それぞれの文化の伝統をつうじて蓄積された宗教的儀礼が取り込まれている。言うまでもなく現代社会においても宗教は人々の生活から除外されていない。今日では、宗教を信じない無神論者は少数派であり、警戒の目が向けられたりする。
     しかし、宗教の持つ力は肯定的にとらえられる面だけではない。宗教がらみの殺戮、争い、差別、テロ、抑圧、束縛といったことも歴史上に無数にみられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会学とは何か」
                     
     社会学は、社会の一部を研究するものである必要はなく全体を研究するものである。すなわち社会学は、社会全体をその分析の単位とする特殊な学問だと考えられる。したがってその目的は、人間の行動を基礎にして社会構造や社会変動を研究し、秩序ないし説明可能な現象を読み取ることであろう。また、経済制度や政治制度などの専門的な独立した学問分野の研究対象になっているものでも、社会学的研究の対象になりうるだろう。どんな制度や社会過程でも「体系」という性格を持っているからである。
     私は様々な社会学的研究対象の中から「宗教」について社会学的に論じて、「社会学とは何か」という問いかけに応じてみることにする。
     元々宗教というものは神秘性・神聖性を秘めている信仰や行事であり、またそれらの連関的「体系」である。一般に古い宗教程そうしたものの蓄積が感じられるだろう。しかし、現代の社会において神秘性・神聖性が保たれているとは必ずしも言えない.現代社会では、宗教が含み持つ「聖」の性質が、社会と文化の諸領域にまたがって侵犯されつつあるように思えるからだ。例えば、神父、..

    コメント1件

    islay1755 購入
    非常にわかりやすい。
    2007/10/02 5:49 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。