在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数563
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

    1.はじめに
    福祉サービス利用者のうちの大半は高齢者である。その多くの場合は住み慣れた家や地域で余生を過ごして生きたいと望んでいる。そのニーズのなか援助を行う場所が各々の住み慣れた場所で行う、つまり在宅でのサービスが生まれてきた。
    2.在宅福祉サービスの体系
    在宅福祉サービスとは、地域社会の中で居宅で生活する高齢者に対して、市町村が主体となり実施提供される諸々のサービスである。
     在宅福祉は大きく分けて狭義と広義に分けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について
    1.はじめに
    福祉サービス利用者のうちの大半は高齢者である。その多くの場合は住み慣れた家や地域で余生を過ごして生きたいと望んでいる。そのニーズのなか援助を行う場所が各々の住み慣れた場所で行う、つまり在宅でのサービスが生まれてきた。
    2.在宅福祉サービスの体系
    在宅福祉サービスとは、地域社会の中で居宅で生活する高齢者に対して、市町村が主体となり実施提供される諸々のサービスである。
     在宅福祉は大きく分けて狭義と広義に分けられる。まず、狭義ではさらに専門的介護と在宅介護の2種類に分けられる。また、広義では、狭義の概念に予防的サービスと福祉増進サービスを加えたものとされている。
     専門介護とは、医療・看護・リハビリテーションといった専門的な分野のサービスである。在宅介護とは、ホームヘルプ、給食、入浴、排泄など家族の援助を補完、代替するものである。予防的サービスとは、保健活動や食生活の改善などといった予防的な活動である。福祉増進サービスとは、主に社会参加を促進させたり、教養を高めたりするサービスのことである。
     在宅福祉の制度的な枠組みについては..

    コメント2件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/08/13 2:29 (10年4ヶ月前)

    LOTO6 購入
    とても参考になりました
    2006/11/10 23:36 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。