課税最低限

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数479
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.課税最低限とは
    所得税額の計算をする場合に、すべての納税者が総所得金額などから差し引くことができる控除がある。これを、基礎控除という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課税最低限について
    1.課税最低限とは
    所得税額の計算をする場合に、すべての納税者が総所得金額などから差し引くことができる控除がある。これを、基礎控除という。基礎控除とは、他の所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく、すべての納税者が無条件に適用できるものだ。所得税法86条で定められている基礎控除の金額は、38万円である。所得が38万円を超えると所得税が課され始めるのだ。この基準となる金額を課税最低限という。
    課税最低限はなぜ規定されているのか。それは憲法25条により、健康で文化的な生活を保障されており、その生活を保障できないような課税はしてはならないからである。働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。