児童文化論 「読む力は生きる力」という本の要約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,520
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童文化論及び演習レポート
    「読む力は生きる力」の要約     
                                 
    第一章 読むことはなぜ必要なのか
     子どもたちに読書の大切さを伝えることが難しくなっています。子どもの読書状況をめぐる問題は、いまの子どもたちの問題全体と密接にからまっています。読む力を通して、子どもたちのために、できることを考えていきましょう。
     昔は、子どもたちのまわりにたくさんの大人たちがおり、本にあまり頼ることがなくても十分な知識を得ることができましたが、いまの子どもたちは、大人と接する機会が少なくなり、映像メディアによって育てられていると言ってもいいくらいなのです。本は、「伝えたい」という思いを感じることができます。すばらしい本に出会い、大切なものを受け取ることによって、人間同士の直接的なつながりはなくとも、「伝える」ことの大切さを実感させることができるのです。いまの子どもたちにこそ本は必要なのです。
    第二章 赤ちゃんと絵本
     赤ちゃんと絵本を楽しみ、それを分かち合うことで、赤ちゃんの人間としての発達をうながします。映像メディアは、危険が多く安心できま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。