福祉国家の思想と原理について 社会福祉原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,565
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉原論  福祉国家の思想と原理について  福祉国家の思想と原理について述べていく上でまず、福祉国家とは、どのような国家を指すのかを考えていきたい。  福祉国家とは、「ゆりかごから墓場まで」と言われているように、すべての国民の安定した生活を保障しようとする国家的な取り組み、包括的な社会制度を行い、国民の幸福を保障しようとする国家のことである。また、国民全体の福祉面における向上のために国家が法律を作り、いわゆる社会における「金持ち」に税金をかける制度を定め、それによって得たお金を貧しい貧困者に分配し、生活に困った人々を助けるなど、社会的弱者層の人々の生存の権利(生存権)を守ることなどを行う国家を福祉国家というのである。  このような福祉国家を最初に創ったのは、イギリスとされている。ここからは最初の近代福祉国家がどのように生まれたのか背景を述べていくこととする。イギリスにおいて、第二次世界大戦下、国民の生活の困窮状況は個々の人々の自助努力ではどうすることもできない状態であった。このような状況下において、一般的生活水準の向上とすべての国民に安定した生活を保障するために、1942年にベウ゛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。