青年期の特徴について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,735
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臨床心理学の立場からみた青年期は、混乱の時代である。青年期は、非行、家庭内暴力、不登校、拒食などの不適応行動が現れる時期であり、統合失調症やうつ病などが発症する時期でもある。発達心理学的にみれば青年期は、それまでの知的発達の段階に関係なく性的成熟の起こるときであり、それが異常行動を引き起こす原因となる場合もある。  大人が、青年期における者に対して、身体的な成熟、特に第二次性徴が発達すると~
    こどもらしい行動を否定し、大人らしい新しい行動様式を求めるようになる。この際、青年期における者達は、自らが今までに知

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学 青年期の特徴について  臨床心理学の立場からみた青年期は、混乱の時代である。青年期は、非行、家庭内暴力、不登校、拒食などの不適応行動が現れる時期であり、統合失調症やうつ病などが発症する時期でもある。発達心理学的にみれば青年期は、それまでの知的発達の段階に関係なく性的成熟の起こるときであり、それが異常行動を引き起こす原因となる場合もある。  大人が、青年期における者に対して、身体的な成熟、特に第二次性徴が発達すると「もうこどもではない。」といって、それまで容認していた、こどもらしい行動を否定し、大人らしい新しい行動様式を求めるようになる。この際、青年期における者達は、自らが今までに知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。