少年犯罪について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,928
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日の日本社会において「少年犯罪」は、年々増加傾向にある。事実、テレビなどのマスメディアを通して、少年少女による事件を耳にすることは珍しくない。 2002(平成14)年の上半期(1月~6月)に刑法犯として逮捕や書類送検された少女(14歳以上20歳未満)は、~
    少年犯罪における、その内容を見てみると、ひったくりや強盗、傷害、恐喝、殺人、放火などが挙げられる。今日では、覚醒剤の使用・所持の犯罪が多く見られる。これは、若者が集まりやすい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      少年犯罪について 今日の日本社会において「少年犯罪」は、年々増加傾向にある。事実、テレビなどのマスメディアを通して、少年少女による事件を耳にすることは珍しくない。 2002(平成14)年の上半期(1月~6月)に刑法犯として逮捕や書類送検された少女(14歳以上20歳未満)は、2年連続で増えている。また、刑法犯の4割を少年が占め、人口千人あたりの刑法犯の数は、少年が7、7、成人は0、9人で、少年は成人の8、6倍にもなる。 少年犯罪における、その内容を見てみると、ひったくりや強盗、傷害、恐喝、殺人、放火などが挙げられる。今日では、覚醒剤の使用・所持の犯罪が多く見られる。これは、若者が集まりやすい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。