健康 心と体の健康な乳幼児を育てるための基礎となる保育のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数494
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、こどもとは一人の力のみで成長することはできない。こどもの周囲の人々や、環境、物と関わることによって、その中で刺激され、成長していくもの~
    また、乳児期において、こどもは著しく成長する。つまり、乳児期において、刺激を与える側にいる保育者の影響は計り知れない~
    よって保育者は、乳幼児を育てる上で、~

     ①、一人ひとりの乳児が愛されているという実感を持てるようにすることである。これは、乳児に愛情を持って接することで、乳児が安心感を持ち、情緒面を安定させるためで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康 心と体の健康な乳幼児を育てるための基礎となる保育のあり方についてまとめなさい。  まず、こどもとは一人の力のみで成長することはできない。こどもの周囲の人々や、環境、物と関わることによって、その中で刺激され、成長していくものである。また、乳児期において、こどもは著しく成長する。つまり、乳児期において、刺激を与える側にいる保育者の影響は計り知れないものになる。よって保育者は、乳幼児を育てる上で、次の5つの事を注意しなければならない。  ①、一人ひとりの乳児が愛されているという実感を持てるようにすることである。これは、乳児に愛情を持って接することで、乳児が安心感を持ち、情緒面を安定させるためで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。