小児栄養 授乳・離乳の重要性、離乳の進め方と、進める上での注意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,090
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    授乳、離乳の重要性、また離乳の進め方と、進める上での注意点について
     
     先に、授乳、離乳の重要性について述べていくこととする。
    乳児はある程度成長すると、離乳が必要になる。では離乳のとは何のためにあるのか。離乳の前提に授乳がある。これは乳児が母体から、栄養を取得する手段であり、生後5~6ヶ月頃まではおおよその栄養を乳汁だけで取ることができ~

    乳汁だけを与え続けるだけでは、さまざまな菌、いわば病気などに対する抵抗力が衰えてしまう~

    防ぐために、生後しばらくしてからは離乳をして~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     授乳、離乳の重要性、また離乳の進め方と、進める上での注意点について
     
     先に、授乳、離乳の重要性について述べていくこととする。
    乳児はある程度成長すると、離乳が必要になる。では離乳のとは何のためにあるのか。離乳の前提に授乳がある。これは乳児が母体から、栄養を取得する手段であり、生後5~6ヶ月頃まではおおよその栄養を乳汁だけで取ることができ、その栄養分で健康的な発達が望める。がこのまま乳汁だけを与え続けるだけでは、さまざまな菌、いわば病気などに対する抵抗力が衰えてしまうのである。これを、防ぐために、生後しばらくしてからは離乳をして、粒のある食物を与え、舌の運動をさせる必要がある。つまり、生後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。