ボランティア、ボランタリズムの役割と使命について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,348
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ボランティア、ボランタリズムの役割と使命
     ボランタリズムとは、自発性に裏付けられた奉仕家、篤志家という意味を持つ。
     ボランタリズムは、市民の意味に基づいて自らの資金で報酬を得ずに社会福祉実践を行う思想であり、「自主性」、「公共福祉性」、「民間性~
     ボランティア活動は、19世紀初頭の貧困問題に関心を持ち、隣友運動などの活動を通して、慈善活動をきっかけとして20世紀前半にヨーロッパやアメリカにおいて~
     歴史的に見て、欧米と日本のボランティア活動に相違点~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      ボランティア、ボランタリズムの役割と使命
     ボランタリズムとは、自発性に裏付けられた奉仕家、篤志家という意味を持つ。
     ボランタリズムは、市民の意味に基づいて自らの資金で報酬を得ずに社会福祉実践を行う思想であり、「自主性」、「公共福祉性」、「民間性」を特徴とする活動を展開する。
     ボランティア活動は、19世紀初頭の貧困問題に関心を持ち、隣友運動などの活動を通して、慈善活動をきっかけとして20世紀前半にヨーロッパやアメリカにおいて成立し発展してきた。時を同じくして、ボランティアという言葉が使用され始めた。
     歴史的に見て、欧米と日本のボランティア活動に相違点がある。欧米は、ボランティア活動を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。