知的障害児(者)施設、老人ホームなどにおける「スヌーズレン」という活動内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,135
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    知的障害児(者)施設などにおける「スヌーズレン」という活動内容について
    近年、知的障害児(者)施設などにおいて、日課の中に「スヌーズレン」という活動を取り入れるところが増えつつある。
    まず、「スヌーズレン」とは何か述

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     知的障害児(者)施設などにおける「スヌーズレン」という活動内容について
    近年、知的障害児(者)施設などにおいて、日課の中に「スヌーズレン」という活動を取り入れるところが増えつつある。
    まず、「スヌーズレン」とは何か述べていくこととする。スヌーズレンとは、もともと脳に障害のある、いわゆる知的障害者の人たちとの関わる方法のことである。これは、およそ25年前のオランダにある障害を持つ人達のための施設「ハルテンベルグセンター」で生まれたものといわれている。そして、障害を持つ人自身が、自分の考えで刺激や環境を選び、自分の好きな時間を持つというものである。これらのことがスヌーズレンの始まりである。
    次に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。