個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数782
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術〔設題1〕
    個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について
    個別援助技術(ケースワーク)とは、利用者(個人や家族)一人ひとりの抱える生活上の悩みを解決すること、またはそれを緩和することを目的としている。また、利用者の生活環境や関係する制度・サービスについて積極的に変えていくことでもある。
    個別援助技術を科学的方法として確立したのがケースワークの母とも呼ばれるメアリー・リッチモンドである。個別援助技術は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術〔設題1〕
    個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について
    個別援助技術(ケースワーク)とは、利用者(個人や家族)一人ひとりの抱える生活上の悩みを解決すること、またはそれを緩和することを目的としている。また、利用者の生活環境や関係する制度・サービスについて積極的に変えていくことでもある。
    個別援助技術を科学的方法として確立したのがケースワークの母とも呼ばれるメアリー・リッチモンドである。個別援助技術は、慈善活動から「治療」機能重視を経て、治療、自助促進、仲介、代弁などのさまざまな機能をもつものへと発展している。
    リッチモンドは、「慈善とは、貧困家庭が持っている力を回復させることによって、貧困から抜け出せるように援助することであり、ケースワークの最終目標は人格の発達におかれなければならない」と述べている。リッチモンドは1922年に「ソーシャルケースワークとは何か」を著し、ケースワークを「人とその社会的環境との間の個別的な効果を意識して行う調整によって、その人のパーソナリティーを発達させる諸過程からなると定義している。
    個別援助技術を正確に行うためにもっとも大切なことは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。