保護者の専門性と資質について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数431
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    保護者の専門性と資質について述べよ
     保育を取り巻く環境は、その時代ごとの社会の変化に応じて大きく変化してきた。特に第二次世界大戦以降の日本は、高度経済成長の中、都市化や情報化などが進行し、社会に大きな変化をもたらし、高度成長に大きな影響~

    都市が発展していく一方で、家族のあり方についても大きな変化が見~

     戦前の日本では、女性は家庭に入り、家事を行うことが当たり前であるとされていた。だが

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保護者の専門性と資質について述べよ
     保育を取り巻く環境は、その時代ごとの社会の変化に応じて大きく変化してきた。特に第二次世界大戦以降の日本は、高度経済成長の中、都市化や情報化などが進行し、社会に大きな変化をもたらし、高度成長に大きな影響を与えた。だが都市が発展していく一方で、家族のあり方についても大きな変化が見られるようになった。
     戦前の日本では、女性は家庭に入り、家事を行うことが当たり前であるとされていた。だが高度経済成長の中、高学歴の女性が増え社会へと進出し、働く女性が増加し始めた。その影響からか、仕事を生きがいとし、晩婚化や非婚化が進み、少子化という新たな社会問題が発生することとなった。この少子化の発生により、これまでとは異なった保育へのニーズが求められるようになった。そのため現代の保育は、これら様々な保育へのニーズを念頭においた支援を実践していくことが必要となっている。
     少子化は近年の保育者に求められる専門性や資質において大きな影響を与えた。現在の保育は、働く女性の支援と子どもへの健全な保育の二点を重視し、活動を行う必要がある。
    この少子化の影響を受けて、政府は少子化対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。