年金制度の現状と問題点について(社会保障論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,376
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「年金制度の現状と問題点について」
     公的年金制度は、老後の生活保障である。仕組みの基本は支払保険料をプールして老後にその元金と利子を受け取る制度である。しかし現実には、働けない老齢世代は年金を受け、働く世代は年金財源を年金保険料として支払う仕組~

     年金制度の目的として、次のようなことがあげられる。
     ①老齢・退職・障害・生活の担い手の死亡により所得を失った者に一定の~
     ②核家族化が進み、私的扶助が減少する中でも、高齢者の自立した生~
     ③現役世代の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「年金制度の現状と問題点について」
     公的年金制度は、老後の生活保障である。仕組みの基本は支払保険料をプールして老後にその元金と利子を受け取る制度である。しかし現実には、働けない老齢世代は年金を受け、働く世代は年金財源を年金保険料として支払う仕組みとして運営されている。
     年金制度の目的として、次のようなことがあげられる。
     ①老齢・退職・障害・生活の担い手の死亡により所得を失った者に一定の所得を保障し、生活の安定を図る。②核家族化が進み、私的扶助が減少する中でも、高齢者の自立した生活を社会全体で支援する。③現役世代の生活を成り立たせるため。④高齢期の生活の基本を支える。
     次に年金制度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。