精神保健学(ライフサイクルにおける精神保健学について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数955
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ライフサイクルにおける精神保健学について
     現在、わが国は、身体の病気だけでなく、精神、心の病気も年々増加の一途をたどっている。これらの原因には、社会でのストレス、いじめ、昔と違い近隣との接点が減~
    悩みが打ち明けられず、抱え込んでしまうなど様々なことが挙げられる。そんな中、今これらの問題の解決策として、注目され始めているのが、精神保健なのである。
     ~心の健康に関連する全てのこと、人間が心安らかに、健やかに日々の生活を保てるようにすること、その中で心の健康を脅かすものがあればそれに気づき、その対応を試~
    全てが精神保健である。
    先に述べた、予防に関しては、第1次、第2次、第3次予防

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライフサイクルにおける精神保健学について
     現在、わが国は、身体の病気だけでなく、精神、心の病気も年々増加の一途をたどっている。これらの原因には、社会でのストレス、いじめ、昔と違い近隣との接点が減っていっているため悩みが打ち明けられず、抱え込んでしまうなど様々なことが挙げられる。そんな中、今これらの問題の解決策として、注目され始めているのが、精神保健なのである。
     精神保健とは、精神保健とは、心の健康に関連する全てのこと、人間が心安らかに、健やかに日々の生活を保てるようにすること、その中で心の健康を脅かすものがあればそれに気づき、その対応を試みること、対応に成功すれば次にそのようにならないよう予防すること、全てが精神保健である。
    先に述べた、予防に関しては、第1次、第2次、第3次予防と呼ばれる3段階の予防策がある。それは以下の通りである。
     第1次予防は、ある地域、ある社会における病気の発生率を低下させることである。例えば、アルコール依存やうつ病の人たちの発生を減少させるという試みが第1次予防なのである。
     第2次予防では、発見された病人をできるだけ早く医療につなげることである。つまり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。