社会保障論(社会保障の役割と機能について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数843
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障の役割と機能について
    わが国が主として行っている保障制度として、社会保障制度がある。この社会保障とは、通常、公的な年金、失業手当、傷病手当、児童手当、生活保護のなかの生活扶助等の所得保障と、医療及び公衆衛生サービスと社会福祉あるいは対人社会サービス等の社会サービスを含む意味~
    次に社会保障制度の理念の発達について述べていく。
    1、ナショナル・ミニマム論
    全ての人は健康で文化的な生

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       社会保障の役割と機能について
    わが国が主として行っている保障制度として、社会保障制度がある。この社会保障とは、通常、公的な年金、失業手当、傷病手当、児童手当、生活保護のなかの生活扶助等の所得保障と、医療及び公衆衛生サービスと社会福祉あるいは対人社会サービス等の社会サービスを含む意味で用いられる。
    次に社会保障制度の理念の発達について述べていく。
    1、ナショナル・ミニマム論
    全ての人は健康で文化的な生活をする権利があり、国家がこの権利を保障する責任があるという考えである。
    2、普遍主義
    社会保障を必要としている全ての国民に所得保障や社会福祉サービスが利用できるようにするという考えである。
    3、ノーマライゼーション理念
    福祉対象者を特別扱いしないで普通の住環境で普通の生活を送れるようにすることを目指す考えである。
    4、福祉ミックス論
    福祉は国家のみが集中的に行うのではなく、地域社会、企業、家族、友人などのインフォーマルな領域や、ボランティアやNPOなどの多様な組織が有機的に統合して行われるべきだという考えである。
    次に社会保障の機能と役割について述べていく。
    1、生存保障機能
    生存権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。