精神保健学(職場における精神保健活動の実際について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数641
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    職場における精神保健活動の実際について
     今日、私たちが生活する上で何をするにしても付きまとうのがストレスである。将来の不安、職場や学校の人間関係、生活環境や騒音など、このようにすべての人が常に様々なストレスにさらされていると言える。この状況の中、注目されているのが精神保健活動なのである。では、これから職場における精神保健活動(メンタルヘルス)について述べていく。
     まず、職場環境の変化と労働

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    職場における精神保健活動の実際について
     今日、私たちが生活する上で何をするにしても付きまとうのがストレスである。将来の不安、職場や学校の人間関係、生活環境や騒音など、このようにすべての人が常に様々なストレスにさらされていると言える。この状況の中、注目されているのが精神保健活動なのである。では、これから職場における精神保健活動(メンタルヘルス)について述べていく。
     まず、職場環境の変化と労働者のストレスについて述べなくてはならない。
     バブル崩壊前の日本は、景気がよく、失業率も低く、職場でストレスに悩むことが少なかった。しかし、バブル崩壊後一変した。
     現在の日本は、景気の低迷が長く続き、そのため会社の倒産、リストラ、リストラによる失業者の増加など、大きな不安要素に包まれてしまっている。また、この時代の流れは、職場にも大きな変化を与えた。最も大きな変化を与えたのが、ITである。ITの発展に伴い、会社にも導入されたため、今までのやり方ではなく、新しいやり方を強制された。これら新しい技術、やり方についていけない労働者にとって、大きなストレスとなっている。
     時代と共に雇用制度にも変化があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。