教育相談 来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法について、また基礎的、技法的、長所短所などを比較しながら述べていく

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,604
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日の多くの学校や研究相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら~
    学校教育においては、様々な問題を抱えている。不登校や学力低下、いじめ、進路などである。これらの問題行動は、生徒、親の悩みが深刻化~
    つまり、カウンセリングをしなければならない。現在は、学校内にカウンセリング室あったり、専門相談員がいたりと積極的に取り入れたりしている~
    来談者中心療法と行動療法である。これから来談者中心療法と行動療法について比較しながら、詳しく述べていきたい。
    1、来談者中心療法
     来談者中心療法は、1940年代に、アメリカの心理学者ロジャーズによって創始

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       今日の多くの学校や研究相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。
     今日のわが国の学校教育においては、様々な問題を抱えている。不登校や学力低下、いじめ、進路などである。これらの問題行動は、生徒、親の悩みが深刻化したための行動でもある。学校は、学習を教えるだけではなく、生徒、親の悩みも解決、援助することも大切である。つまり、カウンセリングをしなければならない。現在は、学校内にカウンセリング室あったり、専門相談員がいたりと積極的に取り入れたりしている所もある。カウンセリングで主に活用されているのが、来談者中心療法と行動療法である。これから来談者中心療法と行動療法について比較しながら、詳しく述べていきたい。
    1、来談者中心療法
     来談者中心療法は、1940年代に、アメリカの心理学者ロジャーズによって創始された心理療法である。ロジャーズが創始した来談者中心療法は、現在行われている様々な心理療法の人間関係づくりの基礎となっているといわれている。また、この心理療法は、ロジャーズの出身地アメリカよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。