教育行財政(教育行政の基本原理について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数730
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育行政の基本原理について述べよ。
     今日わが国では、地方教育行政において、変化が激しい環境のせいか特色がそれぞれにある。そんななかで学校現場では、学校の自主性の確立が最重要課題の一~
    教育委員会の事務局としては、教育行政や学校運営を担当するにあたって法律に精通するだけではなく、教育行政の大きな流れを把握し、自ら分析し教~

     ~教育行政の基本原理を概観してみるために概説書の内容を読んでみると、基本原理の第一原理は、「法律主義」であり、第二原理では「地方自治」「専門性」「自主性」の三つが肩を並べている。このような状態を見ると、教育行政の基本原理としては、~地方分権主義が最もポピュラーであるが、最も重点が置かれている原理は、教育行政の法律主義だということになる。
     教育行政の基本原理の中で、第一、第二原理に注目が~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       教育行政の基本原理について述べよ。
     今日わが国では、地方教育行政において、変化が激しい環境のせいか特色がそれぞれにある。そんななかで学校現場では、学校の自主性の確立が最重要課題の一つになっている。一方、教育委員会の事務局としては、教育行政や学校運営を担当するにあたって法律に精通するだけではなく、教育行政の大きな流れを把握し、自ら分析し教育行政に参加することが求められる時代である。
     そこで、改めて教育行政に携わることを考えたとき、その原理は何であるか考えて見ることにする。
     教育行政の基本原理を概観してみるために概説書の内容を読んでみると、基本原理の第一原理は、「法律主義」であり、第二原理では「地方自治」「専門性」「自主性」の三つが肩を並べている。このような状態を見ると、教育行政の基本原理としては、教育行政における地方自治または地方分権主義が最もポピュラーであるが、最も重点が置かれている原理は、教育行政の法律主義だということになる。
     教育行政の基本原理の中で、第一、第二原理に注目が集まっているということは、現代日本の教育行政の特徴が正しく把握され、指摘されている。
     なぜなら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。