教育学概論(わが国の教育基本法について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数794
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国の教育基本法(昭和22年)の教育目的について考察し、「学校における教育目的」を具体的に設定せよ。
     わが国では、個人の尊重を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造を目指す教育を普及徹底しなければならない~
    そこで、1947(昭和22)年に「教育基本法」が制定された。この教育基本法は、第2次世界大戦後、教育目的を規定した最も基本的な法律である。
     教育基本法の中で主として教育目的を明示している箇所は、前文、第1条、第2条である。これらの特徴として、国家・社会の究極の課題と教育の目的~

      ~目的が設定されている。これらの教育目的を実践していくために、より具体的な教育方法が「学習指導要領」である。
     しかし、教育基本には、いくつかの問題点がある。それは、以下の2つである。
     1、高度な内容として表現されている点
     例として、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       わが国の教育基本法(昭和22年)の教育目的について考察し、「学校における教育目的」を具体的に設定せよ。
     わが国では、個人の尊重を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造を目指す教育を普及徹底しなければならないという考えがある。そこで、1947(昭和22)年に「教育基本法」が制定された。この教育基本法は、第2次世界大戦後、教育目的を規定した最も基本的な法律である。
     教育基本法の中で主として教育目的を明示している箇所は、前文、第1条、第2条である。これらの特徴として、国家・社会の究極の課題と教育の目的とが固く結びつけられている点が挙げられている。
     この教育の目的は、「学校教育法」において学校教育(小学校、中学校、高等学校など)を段階的に細分化している。これらの各段階には、各段階の特徴を活かした目的が設定されている。これらの教育目的を実践していくために、より具体的な教育方法が「学習指導要領」である。
     しかし、教育基本には、いくつかの問題点がある。それは、以下の2つである。
     1、高度な内容として表現されている点
     例として、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。