教育課程論(幼稚園または小学校の教育課程編成上留意するべきことについて)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,083
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    幼稚園または小学校の教育課程編成上留意するべきことについて述べなさい。
     まず教育課程とは何かである。これは、公的な教育機関である学校がその教育目標(学校の教育目標)を達するために幼児・児童に提供する教育内容と学習経験の学校全体の計画である。
     次に、幼稚園の目的及び目標について述べていく。
     幼稚園の教育目的は、学校教育法第77条~
    また、幼稚園教育の目標とは、学校教育法第78条の5領域~
    5領域とは、健康、人間関係、環境、言葉、表現の5~
    学校教育法施行規則第76条とは~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       幼稚園または小学校の教育課程編成上留意するべきことについて述べなさい。
     まず教育課程とは何かである。これは、公的な教育機関である学校がその教育目標(学校の教育目標)を達するために幼児・児童に提供する教育内容と学習経験の学校全体の計画である。
     次に、幼稚園の目的及び目標について述べていく。
     幼稚園の教育目的は、学校教育法第77条「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」と定められている。また、幼稚園教育の目標とは、学校教育法第78条の5領域である。5領域とは、健康、人間関係、環境、言葉、表現の5つである。この目標は、目的を実現するために必須である。
     幼稚園教育は、学校教育法施行規則第76条に基づいている。学校教育法施行規則第76条とは、「幼稚園の教育課程については、この章に定めるもののほか、教育課程の基準として文部科学大臣が別に公示する幼稚園教育要領によるものとする。」と、記載されている。
     幼稚園教育の基本とは、生活を通して幼児が周囲に存在するあらゆる環境から刺激を受け止め、自分から興味をもって環境に関わることによって様々な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。