社会福祉援助技術論Ⅱ(集団援助技術について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数754
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    集団援助技術(グループワーク)の原則と過程について
     社会福祉の技法として、個別に援助を展開するケースワークの他に、集団をひとまとまりとして援助を行う集団援助技術(グループワーク)がある。集団援助技術(グループワーク)とは、問題を抱える人々を集団の中で、個人同士の間に働~

    19世紀後半に生まれた青少年団体運動やセツルメント運動~
    また1884年に世界初のセツルメントハウスである「トインビーホール」がロンドンに開設され、~
    相互作用~
    理論的発展~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      集団援助技術(グループワーク)の原則と過程について
     社会福祉の技法として、個別に援助を展開するケースワークの他に、集団をひとまとまりとして援助を行う集団援助技術(グループワーク)がある。集団援助技術(グループワーク)とは、問題を抱える人々を集団の中で、個人同士の間に働く相互作用を活用して、その人の問題を解決し、目標を達成させるための技術や方法のことをいう。このグループワークの目的に、グループの中だからこそ働く力を活用し、利用者の心理的・社会的問題を解決し、社会化を支援することが挙げられる。また、家族の中での生活から来るストレスを発散することや、個人の生活の質を向上させることなども、グループワークの目的として考えられる。
     このグループワークの起源は、19世紀後半に生まれた青少年団体運動やセツルメント運動にあるといわれている。また1884年に世界初のセツルメントハウスである「トインビーホール」がロンドンに開設され、集団における相互作用による個人の成長への援助が初めて行われた。
    その後アメリカに渡り、グループワークの理論等が発達した。アメリカでグループワークの理論的発展を促したものに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。