社会福祉援助技術演習 事例研究 8枚レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,634
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    子ども・家庭分野の事例「事例20(p160~168)」地域福祉分野の事例「事例22(p177~186)」の二つのうち、自分の関心のある事例を1つ選び、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意する点について述べよ。
     
     日本社会福祉会編「社会福祉士実践事例集」から事例20を取り上げて考察する。
     プロフィール
    Gさん…41歳

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子ども・家庭分野の事例「事例20(p160~168)」地域福祉分野の事例「事例22(p177~186)」の二つのうち、自分の関心のある事例を1つ選び、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意する点について述べよ。
     
     日本社会福祉会編「社会福祉士実践事例集」から事例20を取り上げて考察する。
     プロフィール
    Gさん…41歳。長男(15)と長女(7)の子どもがいる。子どもの頃、父親から虐待を受けて育つ。また養護院に入れられたことで母親を憎む。20歳前で結婚するが、自殺未遂事故の後遺症により、身体障害者手帳の上下肢4級となる。父母の住む隣町で親子三人の生活が始まる。この頃から子どもへの虐待が目立つようになる。また人間関係でトラブルを起こしやすく転職を繰り返す。アルコールに依存する様子が見受けられ、毎日多くの飲酒を行うため、肝炎に対する治療が行えずにいる。
    また、子どもたちも家の金銭を持ち出す癖や万引きなどの問題行動が見られる。特に長男は、知的な遅れも見られ、児童相談所に一時保護された際に、軽度の知的障害と診断、療育手帳の申請が可能であると判断され、施設入所をすることが望ましい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。