社会福祉援助技術演習 高齢者分野の事例2 8枚レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数965
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者分野の事例「事例4(p43~49)」、知的障害者分野の事例「事例5(p52~57)」の2つのうち自分の関心のある事例を1つ選び、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意する点について述べよ
       「社会福祉士実践事例集」より事例4を取り上げて~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者分野の事例「事例4(p43~49)」、知的障害者分野の事例「事例5(p52~57)」の2つのうち自分の関心のある事例を1つ選び、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意する点について述べよ
       「社会福祉士実践事例集」より事例4を取り上げて考察する。   概略   プロフィール Eさん…79歳。男性。中学時代陸上の選手として活躍。戦時中は軍人として朝鮮や中国を転戦する。結婚歴は2回あるが離婚し、現在は10年前から一人暮らしをしている。だが3年前から物忘れが目立ち、自転車での外出が困難になり、また近所の住民から火の不始末等の指摘が多くなる。Eさんには同市に義娘おり、生活支援に協力的である。義娘もEさんの生活に不安を感じ、病院なども含めた選択肢の中から1999年9月からケアハウスへの入所をすすめる。しかし、入所後は夜間のケアハウス内の徘徊や他の入居者の私物を盗るなどの問題行動が目立ち、ケアハウス側の対応が困難となり住宅介護支援センターに相談を申し出る。
    本人の健康状態については、アルツハイマー型老年認知症と診断され、また要介護度は2である。日常生活は自立して行うことが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。