臨床心理学 心理療法について述べよ 8枚レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数574
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理療法について述べよ
     現代社会で、私たちが生活する上で何をするにしても付きまとうのがストレスである。将来の不安、職場や学校の人間関係、生活環境など、すべての人が常に様々なストレスにさらされていると言える。人々はこれらのストレスを抱えた状態が長く続くと、自分自身では心身のバランスがうまくとれなくなり、不登校、自殺、非行などの不適応行動を起こす場合も少なくない。これらの問題は、年々増加し、社会における問題の1つとなっている。
    ではまず、先にあげた不適応とはどういったものなのか述~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      心理療法について述べよ
     現代社会で、私たちが生活する上で何をするにしても付きまとうのがストレスである。将来の不安、職場や学校の人間関係、生活環境など、すべての人が常に様々なストレスにさらされていると言える。人々はこれらのストレスを抱えた状態が長く続くと、自分自身では心身のバランスがうまくとれなくなり、不登校、自殺、非行などの不適応行動を起こす場合も少なくない。これらの問題は、年々増加し、社会における問題の1つとなっている。
    ではまず、先にあげた不適応とはどういったものなのか述べていくこととする。
    不適応とは、様々に変化する環境に対応している状態である適応行動がとれずに、心身に影響が出る状態のことをいう。この不適応には、もともと不適応になりやすい人などの先天的要因と、外的環境によるストレスであるフラストレーションやコンフリクトが原因となる環境的要因の2つが要因として考えられる。
    フラストレーションとは、「ある欲求の満足が阻止されることによって精神的な不安が高まること。」である。つまり、食欲、睡眠欲、性欲などの生理的欲求や社会的欲求、「自らの能力や可能性を発揮したい」という自己実現の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。