国際福祉 日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日の課題について述べる

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数674
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べなさい
     現在日本は、高齢化社会を迎え、高齢者を取り巻く問題点が次々と表面化している。その一つが、高齢者を支える福祉サービスの不足である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べなさい
     現在日本は、高齢化社会を迎え、高齢者を取り巻く問題点が次々と表面化している。その一つが、高齢者を支える福祉サービスの不足である。
    日本における高齢者に対する福祉サービスの場合、この福祉サービスの質と量ともに不足している状態であり、他の福祉国家に遅れをとっている状態であると考えられる。そのため日本の福祉サービスは、その対象である高齢者の求める援助や支援を提供することが難しく、高齢者主体の援助を行うことができていない。施設の数そのものも少ないため、現在ある特別養護老人ホームには入所待機者が溢れかえっている現状もある。また、高齢者のリハビリテーションに従事する専門職者の数も、高齢者に対して圧倒的に少なく、高齢化社会に対する準備ができていなかったことが明らかとなっている。
    日本ではこのような高齢化社会への対策として、アメリカの福祉活動を見本とした新しい福祉制度を確立しようとしている。
    従来の日本の福祉は、老人ホームでの活動を中心としていた。しかし老人ホームでの福祉活動は、利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。