教育心理学 子どもの「個人差」について 8枚レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,132
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「子どもの『個人差』について」
    人間はこの世に誰一人としてすべてが同じの者はいない。それぞれ、個人個人で違った個性をもっている。それは身長・体格・顔つき等の外見の違いが挙げられる。また、性格や考え方など内面的な違いもそうである。これらの個人の心身の性質や発達具合の差や違いを、「個人差」というのである。
    先の「個人差」は、子どもの発達に関して、様々な点で重要なものである。
    では以下に、子どもの「個人差」とは何かを「知能」「性格」「環境・遺伝」「差別」の4つの観点から考えていくこととする。
    (1)知能について
    まず、知能の観点から述~

     ウェククスラーの~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの『個人差』について」
    人間はこの世に誰一人としてすべてが同じの者はいない。それぞれ、個人個人で違った個性をもっている。それは身長・体格・顔つき等の外見の違いが挙げられる。また、性格や考え方など内面的な違いもそうである。これらの個人の心身の性質や発達具合の差や違いを、「個人差」というのである。
    先の「個人差」は、子どもの発達に関して、様々な点で重要なものである。
    では以下に、子どもの「個人差」とは何かを「知能」「性格」「環境・遺伝」「差別」の4つの観点から考えていくこととする。
    (1)知能について
    まず、知能の観点から述べていくこととする。
    教育や学習のうえで個人差を考えるためには知能は最も重要なものである。また、一人ひとり知能にも個人差がある。
    「知能」の定義には大きく3つに分けることができる。以下に3つの定義をそれぞれ述べることにする。
    ①、ターマンによる象徴的な思考能力である。というもの。
    ②、ディアホーンによる学習する能力である。というもの。
    ③、ウェククスラーによる新しい環境に適応する能力である。というもの。
    これらを一つにまとめた定義として、ウェククスラーの「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。