教育心理学 こどもの不適応行動について 8枚レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数661
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「子どもの『不適応行動』について述べよ」
     近年、社会環境の変化はめざましくかつ大規模である。そんな中で現代日本の憂慮すべき・解決すべき問題として,子どもたちのいじめ・不登校・自殺・非行などの問題が挙げられる。WHO(世界保健機構)は、「健康とは、完全な肉的、精神的及び社的福祉の態であり、に疾病または病弱の存在しないことではない(1 9 5 1年官報載)」と健康を定義している。この念から、「心の健康」を考える時、上記した子どものいじめ、不登校、自殺、非行などの行動は明らかに、精神的社的に不健康であるといえる。  人間には生まれつき自然欲求があり,発達とともに依存・承認・自己顕示・自立欲求などの社会的欲求~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「子どもの『不適応行動』について述べよ」
     近年、社会環境の変化はめざましくかつ大規模である。そんな中で現代日本の憂慮すべき・解決すべき問題として,子どもたちのいじめ・不登校・自殺・非行などの問題が挙げられる。WHO(世界保健機構)は、「健康とは、完全な肉的、精神的及び社的福祉の態であり、に疾病または病弱の存在しないことではない(1 9 5 1年官報載)」と健康を定義している。この念から、「心の健康」を考える時、上記した子どものいじめ、不登校、自殺、非行などの行動は明らかに、精神的社的に不健康であるといえる。  人間には生まれつき自然欲求があり,発達とともに依存・承認・自己顕示・自立欲求などの社会的欲求が生まれてくる。これらの要求は人間に特徴的な行動を起こさせ,環境と能動的にかかわるようにさせるのである。しかし、現実には、これらの欲求が様々な理由から妨げられることのほうが多い。これが子どもにとってフラストレーションとなり、場合によっては、不適応状態に陥ることがある。そして、不適応状態が慢性化し、防衛機制が効かなくなると,不適応行動が起こるのである。
     ではこの防衛機制とは何か以下に述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。