学校カウンセリング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数942
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校カウンセリング
     学校はさまざまな人間関係が交錯しているため、児童・生徒たちは多くの悩みを抱えています。目に見える症状がなくても、子どもたちは非常に些細なことに反応し、本人たちも気づかないうちにストレスを蓄積しているのです。
     そこで、学校側が主体となって、児童・生徒たちにカウンセリングを行うことが必要になってきています。各学校にスクールカウンセラーを1人ずつ配置するなどの努力もなされていますが、なかなか実現に至っていないのが現状です。教師1人1人が心理学・教育学の専門家としての知識と技術を身につけ、児童・生徒たちの心に少しでも近づいてゆくことが求められています。
     教師がカウンセラー、児童・生徒がクライアントになる場合、教師は子どもたちの言葉にしっかり傾聴し、それを受容しなくてはなりません。受容とは、ロジャースの提唱した来談者中心療法でも重要な位置を占める概念であり、ありのままの姿を無条件に肯定的に配慮するということを指します。教師は児童・生徒と親和関係を高めることにより、できるだけ多くのことを話させ、その態度や感情を受け入れて、自己解決の方法を見つけ出す手助けをするのです。
     教師が児童・生徒を理解しようとすることは、医療機関でいう「診断」にあたる。身体的な異常がないにも関わらず、登校時になると急にお腹が痛くなった、突然両親に対して暴言を吐くようになったなどの諸症状から、その原因を割りだし、「治療」を施さなくてはなりません。その「治療」がカウンセリングなのであり、教師がそれをどのように行うかが重要なのです。そこで教師が見誤った見解を示したり、軽率な対応をしてしまうと、児童・生徒たちはさらに自分のうちに閉じこもってしまう危険性があるのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリング
    学校はさまざまな人間関係が交錯しているため、児童・生徒たちは多くの悩みを抱えています。目に見える症状がなくても、子どもたちは非常に些細なことに反応し、本人たちも気づかないうちにストレスを蓄積しているのです。
    そこで、学校側が主体となって、児童・生徒たちにカウンセリングを行うことが必要になってきています。各学校にスクールカウンセラーを1人ずつ配置するなどの努力もなされていますが、なかなか実現に至っていないのが現状です。教師1人1人が心理学・教育学の専門家としての知識と技術を身につけ、児童・生徒たちの心に少しでも近づいてゆくことが求められています。
    教師がカウンセラー、児童・生徒がクライアントになる場合、教師は子どもたちの言葉にしっかり傾聴し、それを受容しなくてはなりません。受容とは、ロジャースの提唱した来談者中心療法でも重要な位置を占める概念であり、ありのままの姿を無条件に肯定的に配慮するということを指します。教師は児童・生徒と親和関係を高めることにより、できるだけ多くのことを話させ、その態度や感情を受け入れて、自己解決の方法を見つけ出す手助けをするのです。
    教師が児..

    コメント1件

    yoko6110 購入
    大変わかりやすかったです。参考になりました。
    2007/10/27 1:21 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。