社会福祉援助技術活動の概念

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,054
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.社会福祉援助技術活動の概念
      人間は、その生活を営むとき、生理的・社会的な基本的欲求を充足しようとして、家族や他の集団との関係、経済的な関係、職業的な関係など、諸制度と主体的に関わっている。このような関係を「社会関係」というが、福祉問題は、この個人と諸制度との関係の障害、つまり社会関係の不調和や欠損、あるいは制度の不備として起こる。このような社会関係の困難を援助しようとするとき、社会福祉はその個人の生活を、全体的・統合的に理解して援助活動を行おうとするものである。
      今日、憲法第25条に規定された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障するために、国は自らの責任の下に多様な社会福祉施策を展開している。これらの施策を実施していく際に、社会福祉現場で働く人々の活動が介在することが社会福祉分野における特徴である。従って、この活動を通じてこそ憲法の理念も実態化されるのである。
      社会福祉援助活動は、社会福祉六法を基盤として、制度化された社会福祉サービスを社会福祉現場で実際に提供する際に展開される実践過程を意味している。
      援助活動が展開される社会福祉現場は広範囲にわたっているが、機能的特徴から整理すれば、機関・入所施設・通所施設に分類できるであろう。この援助活動は、制度として保障された社会福祉サービスを実態化するものであるから、一定の均質性が求められる。
      また、社会福祉では、諸サービスを通して、A.Hマズローのいうヒューマン・ニーズの階層における、第4段階までの多様なニーズに対応していくことが必要である。
      第1段階は、生理的なニーズを意味しており、人間の飢えや渇きを充足し、生命の維持・存続と種の保存に関係した価値へのニーズといえる。第2段階は、安全のニーズであり、人間が自身の安全を守ろうとする防衛的ニーズである。第3段階は、過程や学校、職場といった集団や組織といった共同体での場で他者から認められ、愛情に満たされたいというニーズである。第4段階では、人間が一人の人格者として価値のある人と認められ、かつ自信を得たいというニーズである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.社会福祉援助技術活動の概念
    人間は、その生活を営むとき、生理的・社会的な基本的欲求を充足しようとして、家族や他の集団との関係、経済的な関係、職業的な関係など、諸制度と主体的に関わっている。このような関係を「社会関係」というが、福祉問題は、この個人と諸制度との関係の障害、つまり社会関係の不調和や欠損、あるいは制度の不備として起こる。このような社会関係の困難を援助しようとするとき、社会福祉はその個人の生活を、全体的・統合的に理解して援助活動を行おうとするものである。
    今日、憲法第25条に規定された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障するために、国は自らの責任の下に多様な社会福祉施策を展開している。これらの施策を実施していく際に、社会福祉現場で働く人々の活動が介在することが社会福祉分野における特徴である。従って、この活動を通じてこそ憲法の理念も実態化されるのである。
    社会福祉援助活動は、社会福祉六法を基盤として、制度化された社会福祉サービスを社会福祉現場で実際に提供する際に展開される実践過程を意味している。
    援助活動が展開される社会福祉現場は広範囲にわたっているが、機能的特徴..

    コメント1件

    yaichi1217 購入
    参考になり、ありがとうございました。
    2006/08/05 17:44 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。