コンピュータ犯罪の事例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数6,630
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?2003年11月20日「ネットオークション」
    ●記事●
     『警視庁は、2 0日、東京都足立区、会社員、G・H(男27)を商標法違反の疑いで逮捕した。調べでは容疑者は、「ルイ・ヴィトン」などの偽物のネックレスや帽子、バッグなどを200〜500円で韓国から仕入れ、3 月ころからネットオークションに出品し販売した疑い。 容疑者は、ヴィトン、グッチやエルメスなどの偽ブランド品を自分で仕入れ、オークションで10倍くらいの値をつけて、これまでに約350点を販売、約100万円を売り上げたという。』
     また、2004年1月15日にもヤフーオークションにおいて「一円祭り」と題されたネット詐欺が発覚した。「一円祭り」で出品された商品数は膨大で被害者も多数とのこと。架空住所、いつも話し中電話番号で、落札をして、お金を振り込んでも商品は届かず。個人ではなくグループ詐欺の可能性がある。被害額は4500万円。
    ●対策●
     これらの事件は、YAHOOなどのインターネットオークションを使ったネット犯罪(詐欺)である。対策としては、高額なものや現品を自分の目で確かめる必要があるものに関しては、店頭で購入するのが望ましいと言うこと。また、相手の住所、自宅、氏名、加入電話番号等、身元をしっかり確認しなければならない。その際、フリーメールアドレスや携帯電話番号しか教えない出品者は十分信用できる相手ではないと言うことを忘れてはならない。
    ?2003年11月28日 「ネット中傷」
    ●記事●
     『東京地裁(宇田川裁判長)は28日、掲示板に中傷的な書き込みを行った発信者の住所、氏名などの開示請求訴訟の判決で請求を認めた。「ソネット」に対し開示を求めたのは大阪府の男性会社員。昨年7月と今年6月、男性になりすました者によって「田舎者丸出し」「何でぼく評判悪いのか」などと同僚の悪口などを書き込まれた。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータ犯罪の最近の例を3件以上調べ、それを防止するためにはどうすれば良いか自分の考えを記せ。(1件に付き300字以上)
    ①2003年11月20日「ネットオークション」
    ●記事●
    『警視庁は、2 0日、東京都足立区、会社員、G・H(男27)を商標法違反の疑いで逮捕した。調べでは容疑者は、「ルイ・ヴィトン」などの偽物のネックレスや帽子、バッグなどを200~500円で韓国から仕入れ、3 月ころからネットオークションに出品し販売した疑い。 容疑者は、ヴィトン、グッチやエルメスなどの偽ブランド品を自分で仕入れ、オークションで10倍くらいの値をつけて、これまでに約350点を販売、約100万円を売り上げたという。』
    また、2004年1月15日にもヤフーオークションにおいて「一円祭り」と題されたネット詐欺が発覚した。「一円祭り」で出品された商品数は膨大で被害者も多数とのこと。架空住所、いつも話し中電話番号で、落札をして、お金を振り込んでも商品は届かず。個人ではなくグループ詐欺の可能性がある。被害額は4500万円。
    ●対策●
    これらの事件は、YAHOOなどのインターネットオークションを使ったネット..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。