情報社会とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数11,981
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     情報社会とは、1960年代後半から日常に取り入れられるようになった、コンピュータによる迅速な情報処理と、多様な通信メディアによる広い範囲の情報伝達によって、大量の情報が常に生産、蓄積、伝達されている社会をさす。人々の日常生活のなかで、情報に対する要求が強まり、情報メディアに接触する時間量が増え、意思決定や日常の行動選択にとって、情報の重要性がますます大きくなる等、情報への依存度がきわめて高い社会である。
     それに対しこれまでの社会は、世にある「もの」のほとんどが工場で生産されて「工業製品」になるように経済が成長した状態である「工業・産業社会」であった。全てが基本構造から成り立ち、単純であり、また決まった手順で行われる「産業社会」では、「個人」と言う人間は埋没していった。しかし、時代の流れと共に経済は発展し、それぞれが豊かな生活へと向かっていった。そうなると人間の欲求はさらに上を目指し、向上を図ろうとする。その中で、今までのステレオタイプの社会の状態ではその欲求は満たし切れず、自然と「個々人のやり方」「個々人の手段・方法」を求める社会への変化が要求された。つまり、人間の欲求が基本的なものから多様的なものへと変わり、それを満足させる社会の機能も基本的なものから選択的なものへと変化していかねばならないと言うことになる。そのためには、個人に「選択させるための情報」が必要になり、情報は、社会の中で行動を決める大きな要素として重要視されるようになった。これが現代の、選択的で多様化された「情報社会」といえるだろう。
     この、「工業社会」から「情報社会」への変化は、我々個々の人間の意思決定が、社会の形を変える大きな要因となった。これまでの社会と、現在の社会の違いは、そういった私たちの欲求の原理そのものにあると言えるだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会とはどのようなものか?今までの社会とどのように違っているか、を書き、なぜ情報倫理が必要であるかについて述べよ。(800字以上)
    1)情報化社会とは
    情報社会とは、1960年代後半から日常に取り入れられるようになった、コンピュータによる迅速な情報処理と、多様な通信メディアによる広い範囲の情報伝達によって、大量の情報が常に生産、蓄積、伝達されている社会をさす。人々の日常生活のなかで、情報に対する要求が強まり、情報メディアに接触する時間量が増え、意思決定や日常の行動選択にとって、情報の重要性がますます大きくなる等、情報への依存度がきわめて高い社会である。
    それに対しこれまでの社会は、世にある..

    コメント2件

    lopez7777 購入
    ok
    2006/09/26 21:45 (10年2ヶ月前)

    donkey.maria 購入
    ok
    2007/01/25 14:09 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。