近年の女性問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数684
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今回の課題提出にあたり、「国際的」かつ「女性」に関係する問題は何か、新聞・資料やWebで調べたところやはり多く該当したのは、授業でも扱った「女性の人身売買」の記事であった。
     同姓として、授業中に見聞きした人身売買の情報はかなり胸が痛くなるような内容で、日本が人身売買の受け入れ大国であることは私もその時に初めて知ったのだが、その後調べてみてもやはり日本の人身売買の現状はあまりオープンにされていなく、日本人の中でこの事実を知っているのは人身売買に関わっている本人達やマスコミ・政府関係者などに限られていると言う。
     まず、私たちはこれらを辛辣に受け止め認識することから始まり、人身売買禁止のための対策・特に法制度の必要性を理解しなければならないだろう。G8(主要8ヶ国)の中で、唯一「要警戒国」に位置付けられたその事実を、メディアや行政は我々一般市民に知らせなければならないし、我々もその事実を知った時点から、社会の体制として「社会が許さない周囲からのプレッシャー」を闇組織に与えなければならないと思う。
     日本が受け入れ大国となっている原因には、人身売買・売春の法規制が緩いことも一つであるし、経済大国であるから余計に絶好の場である事も考えられる。また、社会の体制としても男性支配型の日本社会が、性産業を容認する雰囲気を作り上げている気がする。(私は知らないが祖母達の世代では、授業中にも耳にした「遊郭」と呼ばれる性産業があったことからも社会の根元にそれらを容認する考えがあると思われる)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [ 近 年 の 女 性 問 題 ]
    今回の課題提出にあたり、「国際的」かつ「女性」に関係する問題は何か、新聞・資料やWebで調べたところやはり多く該当したのは、授業でも扱った「女性の人身売買」の記事であった。
    同姓として、授業中に見聞きした人身売買の情報はかなり胸が痛くなるような内容で、日本が人身売買の受け入れ大国であることは私もその時に初めて知ったのだが、その後調べてみてもやはり日本の人身売買の現状はあまりオープンにされていなく、日本人の中でこの事実を知っているのは人身売買に関わっている本人達やマスコミ・政府関係者などに限られていると言う。
    まず、私たちはこれらを辛辣に受け止め認識することか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。