ホームレスの社会復帰について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数662
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「社会政策」と聞いて、私がまず思い浮かべたのは、以前テレビのニュース番組で見たホームレスが販売する雑誌の存在だった。これは、いわゆる社会政策と呼ばれるものとは違うものなのかもしれない。しかし、私はこれも立派な社会政策であると思ったのだ。
     実際にその雑誌を販売しているホームレスの姿を新宿で見かけたことがある。どんな雑誌なのか、どんな内容なのか、私はその雑誌に興味があった。たった200円という気軽に買える値段だ。だが、私は周りの目を気にしてホームレスに声をかけ、買うことができなかった。だからこそ、ずっと気になっていて、一番に頭に浮かんだのかもしれない。
     その雑誌は、『BIG ISSUE』というタイトルだった。INSP(インターナショナル・ネットワーク・オブ・ストリートペーパーズ)という組織が、ホームレスに仕事を与える目的、また、ホームレスが自分の力で売ることで人々や社会との接点をつくり、社会復帰をしやすくなるという目的で発行を始めたそうだ。現在では、24カ国、50の都市や地域に広がっており、行動規範に同意し、顔写真入の販売者番号の入った身分証明書を身につけたホームレスしか売り手になれないのだという。私は、その目的が「救済(チャリティ)」として行われているのではなく、彼らの仕事をつくるために行われていることに感銘を受けた。
     日本でもっとも多くのホームレスを抱えているといわれている大阪の、野宿生活者、いわゆるホームレスの過半数が自立を望んでいるという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホームレスの社会復帰について
    ~『BIG ISSUE』~
    「社会政策」と聞いて、私がまず思い浮かべたのは、以前テレビのニュース番組で見たホームレスが販売する雑誌の存在だった。これは、いわゆる社会政策と呼ばれるものとは違うものなのかもしれない。しかし、私はこれも立派な社会政策であると思ったのだ。
    実際にその雑誌を販売しているホームレスの姿を新宿で見かけたことがある。どんな雑誌なのか、どんな内容なのか、私はその雑誌に興味があった。たった200円という気軽に買える値段だ。だが、私は周りの目を気にしてホームレスに声をかけ、買うことができなかった。だからこそ、ずっと気になっていて、一番に頭に浮かんだのか..

    コメント3件

    kinosouta 購入
    さらっと読む程度のものでコラムですね
    2005/12/21 6:53 (11年前)

    sakichann 購入
    レポート作成の際の参考にさせて頂きたいと思います
    また、安価で助かりました
    2006/09/29 12:44 (10年2ヶ月前)

    matt1128 購入
    参考になりました。ポイントも安めで助かりました。
    2006/12/02 20:36 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。