労務管理とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,829
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     組織は、複数の人間の労働を効率的に管理し、その協働を可能にさせて、組織目的を達成するための手段である。大量生産システム化にある現代企業は多数の労働の管理と大規模組織の全社的管理が不可欠の職能となっている。つまり、現代企業には「労働と組織の管理」、いわゆる労務管理と経営管理が必要なのである。ここでは、このうちの労務管理のほうに焦点を当て、以下でその説明をしていく。
    労務管理の対象
     労務管理は、現在では人的資源管理とも言われる。企業経営活動の一環としての人的資源管理は、企業の構成要素であるヒトを対象とした管理活動である。そして、企業を構成する4つの生産要素(ヒト、モノ、カネ、情報)のうち、ヒトは最も重要な要素である。従って、経営学の生成当初から人事労務管理の研究が発展してきており、21世紀も「人事の時代」とも言われる程に人々の活用を促進する人的資源管理が重視されている。
     この生産要素としてのヒトは、企業活動という枠内で見ても、現場で働いているヒト、オフィスで働いているヒト、それらの人々を管理監督しているヒトなど、非常に広い内容を含んでいる。これらさまざまな人々を対象とした管理が人的資源管理、つまりは労務管理の対象になる。
    労務管理の仕組み
     組織体としての企業においては、人々の行動を組織目標に向かって確保しなければならない。しかし、組織を構成する人々は自律的人間である。自由な意思決定能力を持つ組織構成員である彼、彼女らの行動を組織目的の方向に向けるには、何らかの仕組みあるいは制度が必要になる。例えば、アルバイト学生に対する皆勤手当などはその一例である。
     このような仕組みの中で、人々は合理的に考えて、結果として組織目的に貢献するように行動するのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労務管理とは何か
    組織は、複数の人間の労働を効率的に管理し、その協働を可能にさせて、組織目的を達成するための手段である。大量生産システム化にある現代企業は多数の労働の管理と大規模組織の全社的管理が不可欠の職能となっている。つまり、現代企業には「労働と組織の管理」、いわゆる労務管理と経営管理が必要なのである。ここでは、このうちの労務管理のほうに焦点を当て、以下でその説明をしていく。
    労務管理の対象
     労務管理は、現在では人的資源管理とも言われる。企業経営活動の一環としての人的資源管理は、企業の構成要素であるヒトを対象とした管理活動である。そして、企業を構成する4つの生産要素(ヒト、モノ、カネ、情報)のうち、ヒトは最も重要な要素である。従って、経営学の生成当初から人事労務管理の研究が発展してきており、21世紀も「人事の時代」とも言われる程に人々の活用を促進する人的資源管理が重視されている。
     この生産要素としてのヒトは、企業活動という枠内で見ても、現場で働いているヒト、オフィスで働いているヒト、それらの人々を管理監督しているヒトなど、非常に広い内容を含んでいる。これらさまざまな人々を対象と..

    コメント1件

    general11 購入
    good!
    2006/08/02 3:22 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。