風の歌を聴け

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数744
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ?この小説の魅力は果たしてなんだろうと考えるときやはり5章の鼠と主人公が会話をしながらそれが小説になりという形で小説を作り上げていくというシーンははずせないのではないだろうか。この章ではこの小説は鼠と主人公が話している形ですすんでいくのに次の6章ではそこには鼠がしゃべっているという設定ではなく完全に小説の形としてそしてその小説にでてくる男は鼠として出て来る。そしてその章のしめくくりの言葉「ジョン・F・ケネディー」このセリフは9章の終わりにもつながってくる。これが意味することはなんだろうかと考えてみると、鼠のつくりだした小説にでてくる鼠と女とそして主人公(僕)と小指のない女の子が対応しているとしか思えない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の文学
    風の歌を聴け
    ①この小説の魅力は果たしてなんだろうと考えるときやはり5章の鼠と主人公が会話をしながらそれが小説になりという形で小説を作り上げていくというシーンははずせないのではないだろうか。この章ではこの小説は鼠と主人公が話している形ですすんでいくのに次の6章ではそこには鼠がしゃべっているという設定ではなく完全に小説の形としてそしてその小説にでてくる男は鼠として出て来る。そしてその章のしめくくりの言葉「ジョン・F・ケネディー」このセリフは9章の終わりにもつながってくる。これが意味することはなんだろうかと考えてみると、鼠のつくりだした小説にでてくる鼠と女とそして主人公(僕)と小指のな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。