染色体の構造

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,035
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    序論
     生物共通の機能にもかかわらず、セントロメアDNA配列は生物間の間で保存されていない。今までのところ、調査された多くの動物や植物の動原体は組み換え不完全なヘテロ染色体領域に組み込まれるようなタンデムに繰り返されるサテライト配列の大きなブロックからなると示されてきた。
     この要求されるような紡錘体結合を仲介するサテライト配列のセントラル領域は反復的なレトロエレメントを含むウイルス階級を組み入れるpericentromeric配列に取り巻かれている。
     その染色体サテライトDNA配列はほとんどが急速に進化するような配列と止まってしまういくつかの維持する機能の基本的な問題がある。
     この概観において、我々はシロイヌナズナとそれに関係する近縁種分析することではっきりすると思われているいくつかのものの染色体の反復配列分析を取り組むに当たって討論するだろう。
    本論
     動物や植物、菌のような原核生物の染色体は構造や構成物質、機能において大部分が似ている。いくつかの酵素化合物をともなう複製や転写は全ての種において大変似ている。
     染色体の末端は高度に保存されており、テロメアーゼ酵素により付け加えられたテロメア構造によりマークされる。
     セントロメアはクロマチッド分子結合や染色体分割の焦点として機能し、有糸分裂や減数分裂において染色体分離が微小管結合として起こる、つまり染色体は極移行の反応する場である。
     Kinetochoreの形態学において考えられるべき研究は複合構造物や機能分離の多くが各界の間で似ているものであることを示すことである。そしていくつかの活性セントロメアDNAの同定が動物や菌により発達した人口染色体により認められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    染色体の構造
    序論
    生物共通の機能にもかかわらず、セントロメアDNA配列は生物間の間で保存されていない。今までのところ、調査された多くの動物や植物の動原体は組み換え不完全なヘテロ染色体領域に組み込まれるようなタンデムに繰り返されるサテライト配列の大きなブロックからなると示されてきた。
    この要求されるような紡錘体結合を仲介するサテライト配列のセントラル領域は反復的なレトロエレメントを含むウイルス階級を組み入れるpericentromeric配列に取り巻かれている。
    その染色体サテライトDNA配列はほとんどが急速に進化するような配列と止まってしまういくつかの維持する機能の基本的な問題がある。
    この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。