遺伝子組み換え植物が危険という理由は?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,195
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、遺伝子組み換え食品についてのゼヒが問われる機会が多面に増えているが、その多くが遺伝子組み換え食品が危険であるという結論に終始しているが、それでは何を基準に危険といっているのであろう。
     まず、本当に危険なのは消費者が遺伝子組み換えの具体的な危険性をどれだけ認知し、説明できるであろうか。メディアが危険と報じれば、その理由いかんに関係なく危険なものであると感じているだけで、その本質を理解しているのはごく少数のように思われる。
     あえて、研究者に提唱されている危険性の一つとしては遺伝仕組み換え植物を選抜するために利用されている選抜マーカーの存在であろう。
     これは、植物体に目的の遺伝子のほかに抗生物質抵抗性を付与する遺伝子が連結されており、それをもとに遺伝子組み換え体の選抜が行われているものである。
     その抗生物質耐性が人間に付与された場合、風邪などを引いたときに抗生物質に対して免疫を持ってしまい、菌などに抗生物質が作用しないと考えられたり、人体そのものに抗生物質耐性タンパク質が悪影響を及ぼすのではないだろうかと考えられているためである。
     しかし、遺伝子組み換え植物は本当に危険なのであろうか?
     現在、オールドバイテクと呼ばれる交配育種などは人為的に異なる種の壁を越えさせて、本来持っていない形質を新たに導入するという方法で野菜や花などで新品種がこれまでにいくつも作出されてきた。
     さて、ここでアグロバクテリウムを用いた遺伝子組み換えについて考えてみたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝子組み換え植物が危険という理由は?
    近年、遺伝子組み換え食品についてのゼヒが問われる機会が多面に増えているが、その多くが遺伝子組み換え食品が危険であるという結論に終始しているが、それでは何を基準に危険といっているのであろう。
    まず、本当に危険なのは消費者が遺伝子組み換えの具体的な危険性をどれだけ認知し、説明できるであろうか。メディアが危険と報じれば、その理由いかんに関係なく危険なものであると感じているだけで、その本質を理解しているのはごく少数のように思われる。
    あえて、研究者に提唱されている危険性の一つとしては遺伝仕組み換え植物を選抜するために利用されている選抜マーカーの存在であろう。
    こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。