アメリカ革命

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,261
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (序論)
     以下において、アメリカ革命の経過を説明した上で、この革命の歴史的意義について述べることにする。
    (本文)
     アメリカ革命は、アメリカ独立革命とも言われている。このようにいわれるのは独立と革命の2つの側面を持つ革命だからである。この革命はイギリスの植民地であったアメリカ東部沿岸の13の植民地が、1775年から1785年にかけてイギリス本国と戦争したもので、この戦争の結果、この植民地が独立して13州をつくり、アメリカ合衆国が成立したものである。この戦争が始まったきっかけは、イギリス本国の植民地に対するさまざまな課税が原因である。イギリス本国は、フレンチ・インディアン戦争により、植民地は増えたもののイギリス本国の財政が悪化したために、植民地への統制と財政的要求を強化した。イギリス政府は1764年に砂糖法、1765年に印紙法を成立させたが、印紙法はアメリカ国内で強い抵抗運動にあい、撤廃においこまれた。印紙法は法律・商業上の証書・証券類・パンフレット・新聞・広告・カルタ・酒類販売許可証などに印紙税を課したもので通常の関税とは異なり、内部課税であるために植民地の自治の侵害ととらえられ、全植民地の人々に影響した。このために各地で民衆暴動が起こり、9植民地の代表がニューヨークに集まり印紙条例会議を開き、「代表なくして課税なし」の原理を表明した反対決議を採択し、また商人たちはイギリス商品の輸入停止を決議した。植民地での激しい抵抗と本国商人の圧力により、1766年印紙法は撤廃された。
     1767年にタウンゼント諸法によって新しい植民地課税をしようとするとまた反対運動がおこり、この関税も撤廃になった。しかし、このとき、1773年に茶法が制定され、この法が残ったために植民地人は本国の茶に対して強い不満を持った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (西洋史)
    (序論)
    以下において、アメリカ革命の経過を説明した上で、この革命の歴史的意義について述べることにする。
    (本文)
    アメリカ革命は、アメリカ独立革命とも言われている。このようにいわれるのは独立と革命の2つの側面を持つ革命だからである。この革命はイギリスの植民地であったアメリカ東部沿岸の13の植民地が、1775年から1785年にかけてイギリス本国と戦争したもので、この戦争の結果、この植民地が独立して13州をつくり、アメリカ合衆国が成立したものである。この戦争が始まったきっかけは、イギリス本国の植民地に対するさまざまな課税が原因である。イギリス本国は、フレンチ・インディアン戦争により、植民地は増えたもののイギリス本国の財政が悪化したために、植民地への統制と財政的要求を強化した。イギリス政府は1764年に砂糖法、1765年に印紙法を成立させたが、印紙法はアメリカ国内で強い抵抗運動にあい、撤廃においこまれた。印紙法は法律・商業上の証書・証券類・パンフレット・新聞・広告・カルタ・酒類販売許可証などに印紙税を課したもので通常の関税とは異なり、内部課税であるために植民地の自治の侵害ととら..

    コメント2件

    fleurit 購入
    レポートにしてはみじかいなとおもいました。
    2006/05/16 16:19 (10年6ヶ月前)

    riyah07 購入
    レポートにしては短いけど、アメリカかくめいについて分かりやすく書いてあった
    2006/07/09 21:08 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。