破壊と変形について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,095
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    色々な破壊

    延性破壊
     パイエルス応力が小さく、すべり系の数が多く容易に多重すべりできる性質のある材料で生じる。かなりの塑性変形の後に起こる破壊。

    脆性破壊
     破断までの変形が小さい脆性のある材料で生じる。大きな塑性変形を伴わずに起こる破壊。

    疲労破壊
     比較的低い応力の繰り返しによって起こる破壊。
    小さい領域だけに起こる塑性変形に対して起こる。


    変形の種類

    塑性変形
     材料の曲げや引っ張り、圧縮の応力を除荷すると、元の形に戻る変化。弾性限度に達する前の変形。

    塑性変形
     材料の曲げや引っ張り、圧縮の応力を除荷してもそれらが残留してしまう変形。



    0.2%耐力

    低炭素鋼は特徴のある挙動を示し、特に降伏応力と引っ張り強さが明確に測定される。
     アルミニウム合金は特に明瞭な特徴がないため、降伏応力に相当する強度として、引っ張り試験の途中から除荷したときの0.2%の残留ひずみが残るような応力を0.2%耐力という

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    破壊と変形について
    色々な破壊
    延性破壊
     パイエルス応力が小さく、すべり系の数が多く容易に多重すべりできる性質のある材料で生じる。かなりの塑性変形の後に起こる破壊。
    脆性破壊
     破断までの変形が小さい脆性のある材料で生じる。大きな塑性変形を伴わずに起こる破壊。
    疲労破壊
     比較的低い応力の繰り返しによって起こる破壊。
    小さい領域だけに起こる塑性変形に対して起こる。
    変形の種類
    塑性変形
     材料の曲げや引っ張り、圧縮の応力を除荷すると、元の形に戻る変化。弾性限度に達する前の変形。
    塑性変形
     材料の曲げや引っ張り、圧縮の応力を除荷してもそれらが残留してしまう変形。
    0.2%耐力
    低炭素鋼は特徴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。