「飛ぶ」とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数312
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    飛ぶ」とは

    飛行機の翼は、上にふくらんだ流線型の断面を持っています。飛行機が前進すると、空気は翼の前縁で上下に分かれて進みますが、上の方がふくらんでいるだけ距離が長いので、スピードが早くならなければなりません。スピードが速くなければありません。スピードが速くなるとベルヌーイの定理によって気圧が低くなり、翼を上に引っ張りあげる力(揚力)が発生します。
     ベルヌーイの定理とは簡単に言うと、空気の流れの中で速度が速くなると圧力は低くなり、遅くなれば圧力は高くなるということです。そして飛行機の翼では、下面を流れる空気よりは上面を流れる空気の方が速いので、上面の方の気圧が低くなる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「飛ぶ」とは
    飛行機の翼は、上にふくらんだ流線型の断面を持っています。飛行機が前進すると、空気は翼の前縁で上下に分かれて進みますが、上の方がふくらんでいるだけ距離が長いので、スピードが早くならなければなりません。スピードが速くなければありません。スピードが速くなるとベルヌーイの定理によって気圧が低くなり、翼を上に引っ張りあげる力(揚力)が発生します。
     ベルヌーイの定理とは簡単に言うと、空気の流れの中で速度が速くなると圧力は低くなり、遅くなれば圧力は高くなるということです。そして飛行機の翼では、下面を流れる空気よりは上面を流れる空気の方が速いので、上面の方の気圧が低くなる。その低気圧に翼が吸い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。