身近に迫る盗聴とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     ネット社会である現代では便利な道具を手に入れたと同時に、様々な危険も伴うようになりました。その中でもよく聞かれるのが「データの盗聴」です。
     電話などの盗聴は電話で会話している人以外の第三者が電話の信号を途中で傍受することを示しますが、インターネットにおいてもこのようなことが起こっています。
     ネットにおけるデータの盗聴の特徴は、いくら盗んでもなくなることがないということです。そして、盗聴されているということに気付きにくいことも問題です。盗聴したからといって、データが破損したり変化が起こるというわけではないからです。この点が「盗み」と「盗聴」の大きな違いであると言えます。
     では、実際どのような原理なのかというと、相手の端末から出ている通信ケーブルをコネクタなどで分岐させて、盗聴者の端末につなぐだけでできてしまいます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    身近に迫る盗聴とは
    ネット社会である現代では便利な道具を手に入れたと同時に、様々な危険も伴うようになりました。その中でもよく聞かれるのが「データの盗聴」です。
    電話などの盗聴は電話で会話している人以外の第三者が電話の信号を途中で傍受することを示しますが、インターネットにおいてもこのようなことが起こっています。
    ネットにおけるデータの盗聴の特徴は、いくら盗んでもなくなることがないということです。そして、盗聴されているということに気付きにくいことも問題です。盗聴したからといって、データが破損したり変化が起こるというわけではないからです。この点が「盗み」と「盗聴」の大きな違いであると言えます。
    では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。