ネット上のウイルスの性質と対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数291
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ウイルスとは
     ネットを使う上での危険として、代表的なのがウイルスである。そのウイルスの感染源として、大きいのがメールであり、メールを利用する場合は十分に注意が必要である。
     メールからウイルスが感染するのは、受信してそのメールを開いた時である。ウイルスはメールを隠れ蓑にして自分のパソコンにやってきて、開くことによりプログラムが実行され悪影響が出たりする。感染経路としては添付ファイルか、HTMLメールのどちらかしかないので、対策を講じることである程度防ぐことが可能となる。
     添付ファイル経由のものは拡張子がexeやcomなどの実行ファイルに潜んでいることが多い。他にもWord、Excelなのどのファイルに含まれていることもある。文章ファイルといえども、パソコンを操作できるマクロやスクリプトが埋め込まれている場合もあるからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ネット上のウイルスの性質と対策
    ウイルスとは
    ネットを使う上での危険として、代表的なのがウイルスである。そのウイルスの感染源として、大きいのがメールであり、メールを利用する場合は十分に注意が必要である。
     メールからウイルスが感染するのは、受信してそのメールを開いた時である。ウイルスはメールを隠れ蓑にして自分のパソコンにやってきて、開くことによりプログラムが実行され悪影響が出たりする。感染経路としては添付ファイルか、HTMLメールのどちらかしかないので、対策を講じることである程度防ぐことが可能となる。
     添付ファイル経由のものは拡張子がexeやcomなどの実行ファイルに潜んでいることが多い。他..

    コメント1件

    liliy29 購入
    対策とってないと危ないです。
    2007/10/12 8:50 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。