輸出大国と経済摩擦

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数446
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)70年代危機克服と輸出依存型蓄積構造の定着
    ?国際競争力の強化
    ME革命=半導体、IC技術の急速な発展によるプロセスとプロダクト(製品)の革新の進展・・・情報、通信、自動機械の産業分野への影響。
    ME=微少な電子技術、電子工学
    背景
    ・1970年代、インフレ激化と緊張緩和政策による軍事予算削減における米先端産業、
    ME産業の軍事依存体質から産業・民生分野への展開。マイコンとメモリーの開発におるMEの経済生活の浸透
    ・1970年代半ば以降、IC(集積回路・・・半導体を一つの基盤の上に電子回路で配線したもの)の集積度の上昇によるLSI(大規模集積回路)や超LSIの登場とMPU(超小型演算処理装置)によって、ME革命と呼ばれる新しい技術革新が起きた。
    ・他品種少量生産の展開
    ・先進諸国における重要構造の変化への対応
    先進諸国の所得水準の上昇→量産化された画一的製品から、洗練され差異化された製品に対する需要の増大(他品種少量への転換)
    プロセスイノベーション(製造工程革新)の中心をフレキシブル生産型に変える。
    需要と供給・生産と消費のインターフェイス(=ニーズにいかに応えるか)が市場における商品販売=競争力強化の焦点となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    貿易と経済摩擦
    (1)70年代危機克服と輸出依存型蓄積構造の定着
    国際競争力の強化
    ME革命=半導体、IC技術の急速な発展によるプロセスとプロダクト(製品)の革新の進展・・・情報、通信、自動機械の産業分野への影響。
    ME=微少な電子技術、電子工学
    背景
    ・1970年代、インフレ激化と緊張緩和政策による軍事予算削減における米先端産業、
    ME産業の軍事依存体質から産業・民生分野への展開。マイコンとメモリーの開発におるMEの経済生活の浸透
    1970年代半ば以降、IC(集積回路・・・半導体を一つの基盤の上に電子回路で配線したもの)の集積度の上昇によるLSI(大規模集積回路)や超LSIの登場とMPU(超..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。