戦後の世界と日本の経済まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数941
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    戦後世界経済の再編構想
    英米の強調と対立
    ?1930年代の反省 自由・無差別・多角主義的世界経済の構築
    ?圧倒的な政治経済的優位を持つ米国の利害 自由通商体制による経済的覇権の半永久的掌握
    IMFの目的と特徴
    目的
    ?国際通貨協力の促進
    ?国際貿易の拡大の助長
    ?為替の安定と切り下げ競争の防止
    ?多角的決済制度の樹立と為替制限の除去
    ?基金資金の利用による加盟国の国際収支不均衡の是正
    特徴
    ?ドル基軸通貨システム
    ?調整可能な釘付け制度
    ?多角的決済システム
    ?IMFの資金利用
    自由貿易体制の構築
    GATTの成立
    戦後再建期の日本経済
    (1)GHQによる占領
    GHQによる日本の間接統治
    1945年10月 執務開始
    1953年4月  サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約発効、GHQ廃止
    占領政策の方針「非軍事化と民主化」
    三大経済改革の実施
    ?財閥解体 持ち株会社の解体、財閥家族の支配力の排除、株式所有の分散化
    ?農地改革 地主的土地所有制の排除、自作農の創設
    ?労働改革 「労働組合法」「労働関係調整法」「労働基準法」企業別労働組合の創設
    傾斜生産方式
    石灰、電力、化学などに力を注いで、全体的に波及させるという生産方式。
    1949年に採用
    (2)占領政策の転換
    1947.3 トルーマン・ドクトリン→社会主義封じ込め
    冷戦による日本の位置づけの変化(共産主義への防壁)
    非軍事か〜日本経済復興への転換
    ・ドッジ・ライン
    ?1949年の超均衡予算の策定
    ?単一為替レートの設定
    (3)朝鮮戦争と日本経済の回復
    朝鮮特需による景気回復
    外国技術の導入
    産業政策の展開
    高度経済成長のメカニズム
    ?大量生産型イノベーションの進展による生産性上昇
    実質賃金の上昇による大衆消費財市場の拡大
    重厚長大型、資源、エネルギー多消費型産業の発展。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    IMF・GATT体制の成立
    戦後世界経済の再編構想
    英米の強調と対立
    1930年代の反省 自由・無差別・多角主義的世界経済の構築
    圧倒的な政治経済的優位を持つ米国の利害 自由通商体制による経済的覇権の半永久的掌握
    IMFの目的と特徴
    目的
    国際通貨協力の促進
    国際貿易の拡大の助長
    為替の安定と切り下げ競争の防止
    多角的決済制度の樹立と為替制限の除去
    基金資金の利用による加盟国の国際収支不均衡の是正
    特徴
    ドル基軸通貨システム
    調整可能な釘付け制度
    多角的決済システム
    IMFの資金利用
    自由貿易体制の構築
    GATTの成立
    戦後再建期の日本経済
    GHQによる占領
    GHQによる日本の間接統治
    194..

    コメント1件

    general11 購入
    good!
    2007/01/24 2:33 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。