管理会計と経営管理の共通点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,098
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     管理会計と経営管理について述べる。ここでまず、原価計算の目的について全体の体系を述べておきたい。まず、管理会計と対になっているものとして財務諸表作成目的がありこれは企業外部者に報告することが最終的な目標であり、製品原価の適正な計算のため、実際原価計算がもちいられる。次に企業内部者に報告することを最終的な目標とするものに経営管理目的がある。それは大きく4つの目的に区分される。1つは価格計算目的であり見積原価計算を用いる。次に原価管理目的があり、これは標準原価計算を用いる。次に予算管理目的(利益管理目的)であり直接原価計算を用いる。そして最後に、経営意思決定目的である。これは一般的には差額原価収益分析を用いる。ではここで問題となる管理会計について述べていく。
     管理会計とは企業内部のものに報告することを目的とする。ここで何を報告するかが問題となってくる。すなわち、原価計算が生み出す経済的情報は何のために使われるのかということである。原価計算の主要目的はそれぞれの時代の利害関係者、とりわけ、経営管理者の情報要求によって大きく変化していった。そもそも原価計算は産業革命時代に製品に実際どれだけのコストがかかったかを算定するための技法として誕生したものであるが、それが時代の要請によってその目的が変化してきたわけである。順にその流れを追ってみると?製品をいくらで売るか、今期はどれだけ儲かったか(価格決定、損益計算目的)?競争に勝つために原価をどの部分で、どのくらい下げるべきか(原価管理目的)?売れる製品はどれか。来年度の目標利益はいくらか。いくら売れば目標利益を獲得できるか。どこの部門が業績を上げたか。(利益管理目的)?自製と購入とどちらが有利か。臨時の注文をうけるべきか、断るべきか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     管理会計と経営管理について述べる。ここでまず、原価計算の目的について全体の体系を述べておきたい。まず、管理会計と対になっているものとして財務諸表作成目的がありこれは企業外部者に報告することが最終的な目標であり、製品原価の適正な計算のため、実際原価計算がもちいられる。次に企業内部者に報告することを最終的な目標とするものに経営管理目的がある。それは大きく4つの目的に区分される。1つは価格計算目的であり見積原価計算を用いる。次に原価管理目的があり、これは標準原価計算を用いる。次に予算管理目的(利益管理目的)であり直接原価計算を用いる。そして最後に、経営意思決定目的である。これは一般的には差額原価収益分析を用いる。ではここで問題となる管理会計について述べていく。
     管理会計とは企業内部のものに報告することを目的とする。ここで何を報告するかが問題となってくる。すなわち、原価計算が生み出す経済的情報は何のために使われるのかということである。原価計算の主要目的はそれぞれの時代の利害関係者、とりわけ、経営管理者の情報要求によって大きく変化していった。そもそも原価計算は産業革命時代に製品に実際どれだけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。