グーテンベルクの生産関数

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数956
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     企業が生産を行なうには原材料、機械、労働といった投入要素が必要である。この投入要素と企業が生産する生産物の関係を表した物が生産関数である。ある産出量における投入量の増加1単位当りの産出量の増加分が、その生産要素の限界生産物であり、それは生産関数上の点における傾きである。他の投入物の量を変えずに、一つの生産要素の投入だけを追加しつづけると、その生産要素の限界生産物は減少することを収益逓減(収穫逓減)と言う。
     グーテンベルクは生産要素投入量と産出量との関係を数学的なモデルで表現した生産関数を基礎に原価理論を展開するが、生産関数をモデル化するに際して、要素投入における制限性を仮定する。他の要素投入量を固定したままで1つの要素投入量を増やしても生産量は増えないというのが制限性の意味であるが、機械の投入量を増やさなくても、材料の投入量を増やせば生産量が増加するのは、機械の運転時間を増加させたか、あるいは、機械の強度を増加させたからであり、それは機械の利用量の増加を意味する。グーテンベルクの生産理論では要素投入量という用語が用いられているが、その本質は要素利用量であるのだ。変動費中心の理論ではあるが、経営者が最適な選択を行なうことによって、直線の原価経過が現れることになる。グーテンベルクは農業生産を前提とする収益法則を展開し、A型生産関数と称した。この収益法則は4局面図式によって表現される。
     収益法則の第1局面では、総収益、限界利益、共に増加する。追加的な投入要素により生産量が大幅に増加する時期である。つまり、比較的少ない変動要素の投入の場合には、固定的生産要素が適度に経営的給付生産における生産諸要素の結合に組み入れられていくことを意味しているのだ。この第1局面では限界収益はその最大値に達する。この最大値に達するまでは追加的な要素投入が限界収益獲得に大きく貢献する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業が生産を行なうには原材料、機械、労働といった投入要素が必要である。この投入要素と企業が生産する生産物の関係を表した物が生産関数である。ある産出量における投入量の増加1単位当りの産出量の増加分が、その生産要素の限界生産物であり、それは生産関数上の点における傾きである。他の投入物の量を変えずに、一つの生産要素の投入だけを追加しつづけると、その生産要素の限界生産物は減少することを収益逓減(収穫逓減)と言う。
    グーテンベルクは生産要素投入量と産出量との関係を数学的なモデルで表現した生産関数を基礎に原価理論を展開するが、生産関数をモデル化するに際して、要素投入における制限性を仮定する。他の要素投入量を固定したままで1つの要素投入量を増やしても生産量は増えないというのが制限性の意味であるが、機械の投入量を増やさなくても、材料の投入量を増やせば生産量が増加するのは、機械の運転時間を増加させたか、あるいは、機械の強度を増加させたからであり、それは機械の利用量の増加を意味する。グーテンベルクの生産理論では要素投入量という用語が用いられているが、その本質は要素利用量であるのだ。変動費中心の理論ではある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。