『現代国際関係学―歴史・思想・理論』書評

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数758
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    講義「 国際関係論 」の中盤で出された課題が、この書評レポートでした。

    書評では、戦死者数の定義について疑問を提起しています。
    本書を読む前から抱いていた、自分なりの「戦死者数」という概念に対する違和感をまとめたような内容です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『現代国際関係学―歴史・思想・理論』書評
     国際関係学を学ぶ上で欠かせない国際社会の歴史、思想、理論などの基本的なことが網羅的に書かれている本書は、各章の冒頭に国際社会の歴史年表にあわせ、その時代ごとに生み出されてきた思想や理論が書かれている。国際関係学の誕生に大きな影響を与えてきた思想家とその思想の変遷からは、現在の国際関係学の理論の根幹がどのような歴史的背景のもとに構成されてきたのかがよくわかるようになっている。また、国際関係学の大きな思想の源流ともいえる、リアリズムとリベラリズム。その2大潮流の変遷と、そこから派生して生まれた思想や影響を受けた思想の流れもわかりやすく書かれている。
     非常にわかりやすく国際関係学の基本事項が押さえられている本書だが、1つ気になるのは、17章の 表Ⅶ2 冷戦後の紛争データ(1989-99)である。表の内容自体には直接関係のない話になるが、注(2)で「『戦争』とは年間1000人以上の戦闘関連死者を出した『大規模武力紛争』をいう。年間25人以上、累積1000人以上の戦闘関連死者を出したものを『中規模武力紛争』、年間25人以下、累積1000人以下の戦闘関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。