『ルポ 戦争協力拒否』読書レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,330
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2006年にある講義で課題として出された、『ルポ 戦争協力拒否』の読書レポート。

    第一次安倍内閣の頃に書いた読書レポートなので、
    その当時の政府方針に対する自分の危機感も含んだ内容となっています。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『ルポ 戦争協力拒否』読書レポート
     私は新聞に一通り目を通すのを日課にしている。なので、このルポに書かれている近年の日米のスタンスやそれに関わる事柄は大方理解し、自衛隊のイラク派遣や有事関連法案などについてもその都度自分なりに考えてきた。しかし読み進めるうちに、イラクで2名の外務省職員と日本人青年が現地の武装グループの手によって犠牲になったことをすっかり忘れてしまっている自分に気づいた。日々刻々と伝えられるニュースを注視している一方で、ほんのつい最近のニュースを少しずつ忘れていってしまっている現実。これを自然の摂理といえばそれまでだが、なんともいえない愕然としたような感覚を覚えた。
    イラクへの自衛隊派遣が始まった当初、派遣反対の考えを抱いていた私だが、外務省職員が殺害された事件を契機としてイラクでの自衛隊の駐留はやむを得ないところまで来てしまったと考えるようになっていた。その頃から単独行動主義のアメリカに追随一辺倒の日本に釈然としない思いを持っていたが、そのときはブッシュ大統領の言っていたように、即時撤退はテロリストに誤ったメッセージを与えることになりかねないという考えのほうが勝った..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。